自宅で簡単にピンバッジを作ろう

カテゴリ

最近の投稿

ピンバッジの人気の秘密

» 詳細

自宅で簡単にピンバッジを作ろう

» 詳細

ピンバッジの楽しみとは

» 詳細

オリジナルのピンバッジの作り方

» 詳細

プラ板を使ったピンバッジの作り方

ピンバッジというものは非常にシンプルな構造をしています。簡単な構造をしているからこそ手作りもしやすく、ピンバッジ制作のためのパーツもいろいろと売っています。プロが作った作品を買うのも良いですが、どうせなら自分で手作りしたほうが愛着も湧くことだと思います。それに既製品のものを購入するよりも、手作りしたほうが安い場合もあります。では具体的にどうピンバッジを作るのかというと、プラ版やレジンなどが必要になります。
ただレジンは光沢を出すために必要なものであるため、実際問題プラ板さえあればピンバッジは制作できます。まずプラ版を好きな形に切って、色鉛筆やクレヨンなどを使ってデザインを描いていきます。もちろんデザインを描いてから、プラ板を切っても構いません。ポイントは大きめに切ることです。というのオーブントースターに入れて焼くため、かなり縮むからです。
焼いている最中丸まることがありますが、最終的にはちゃんと平らになります。このように縮んだときのことを想定して、デザインや形を決めるのが賢いやり方です。プラ板を焼き終わったら、レジンを塗ると光沢が出ます。ただレジンがなければ、マニキュアのトップコートでも代用できます。表面に塗り終わったら、あとは裏に安全ピンを通せば、ピンバッジが出来上がります。手順さえ分かれば、数分足らずでオリジナルピンバッジを制作できるのが何よりの魅力です。

オリジナルのピンバッジの作成は制作キットを

ピンバッジは実は自分でも手作りすることができます。制作そのものはそんなに難しくはないため、誰でも簡単にオリジナルピンバッジを作れます。オリジナルのピンバッジを作る最も簡単な方法は、制作キットを利用することです。
ピンバッジ作りに特化しているため、子供でも作ることができるのが利点です。キットを利用しているため、そこまで自由度は高くありませんが、手軽に作れるという点においてキットに勝るものはないかもしれません。とはいえ制作キットを利用して作る場合、ピンバッジの形は似たものになりますが、デザイン自体は好きに決めることができます。自分で描いたイラストでも雑誌や新聞の切り抜きでも構いません。簡単に制作できるとはいえ、基本的に仕上がりはかなり本格的なものになります。
またピンバッジキットと一口にいってもそのバリエーションは様々です。いろんなメーカーから販売されているため、当然キットの種類によってやれることは変わってきます。たとえば作り方やピンバッジそのもののタイプなどが違ってきます。ピンバッジのタイプにはストラップ型やマグネット型などがあります。基本的には作りたいピンバッジのイメージに合うキットを選ぶのが良いと思われます。

最新記事一覧

2017年08月03日
ピンバッジの人気の秘密を更新しました。
2017年08月03日
ピンバッジの楽しみとはを更新しました。
2017年08月03日
オリジナルのピンバッジの作り方を更新しました。
2017年08月03日
自宅で簡単にピンバッジを作ろうを更新しました。