知っておきたいピンバッジの知識

カテゴリ

最近の投稿

オリジナルのピンバッジの作り方

» 詳細

自宅で簡単にピンバッジを作ろう

» 詳細

ピンバッジの人気の秘密

» 詳細

ピンバッジの楽しみとは

» 詳細

意外と知らないピンバッジ

ピンバッジとは帽子や服などにつける小さな金属の装飾品です。金属の小さな板にロゴやキャラクターなどが描かれていて、板の裏から針のようなピンが垂直に出ています。それを取り付ける生地に刺し反対側からバタフライクラッチと呼ばれる受ける金具で挟み込むように止めます。基本的にとても小さく比較的安価ながら金属ならではのしっかりとした質感が特徴で様々なキャラクター商品や企業の宣伝用グッズとして販売されて世界中に存在します。
しかしこのピンバッジという名前は実は日本くらいでしか呼ばれていません。世界では主にピンズと呼ばれていて、日本でも商品名としてはピンズと書かれていることも少なくありませんが名前に違いだけで商品に違いはありません。
世界中で作られているということでピンバッジの収集も世界中で行われています。コレクターの数も非常に多く一般的なため、大きなスポーツイベントなどでは今や定番グッズとなっています。またこのピンバッジは決して企業や団体だけで制作されているわけではなく個人での制作を請け負う会社もあります。自分好みのオリジナルピンバッジを作ればおしゃれのアクセントとしても個性を出すことができるのでデザインに自信がある人は挑戦してみるといいかもしれません。

ピンバッジの始まりと隆盛

現在では、イベントでの記念品やノベルティ、アクセサリーとしてやお土産の品などとして浸透しているピンバッジ。そのピンバッジの昔と今の変遷を見てみましょう。ピンバッジが使われだしたのは今から100年以上前のことで、ヨーロッパで誕生しヨーロッパを中心にしてその隆盛が始まります。
1980年のレイク・プラシッドで催された冬季オリンピックによって、世界中に広がるほどのブームとなり、広く人々の目に留まるようになりました。記念品として販売されたり、トレードも行われたりしていたようです。冬季オリンピックで人気を博したのをきっかけに、コカ・コーラ社が、1984年に開催されたロサンゼルスオリンピックでトレードセンターを設けたことによって、更にブームは加速していくことになります。
ブームの火はアメリカからヨーロッパへと渡り、国際的なイベントが開かれるたびにその存在感が増していくことに。日本では、20世紀最後の冬季オリンピックである、1998年に行われた長野オリンピックで注目を集め、様々なメディアで取り上げられる程の熱量がありました。ここから企業のノベルティやイベントのグッズ、ファッションのアイテムとして活用されはじめ、今では見かけることも不思議ではなくなったのです。

当社は各種競技会やショーイベントなどで使用されるオリジナルの表彰記念品を、数多く手がけた経験がございます。 当社では様々なトロフィーを制作・販売しており、例えばハイクオリティーカップなど、伝統の技術をもって丁寧に仕上げます。 商品単価10,000円以上の商品をお買上げの方は、文字彫刻代無料とさせて頂きます。 表彰シーンを彩るアクリル製楯をお手頃価格でお届け! 販促用のピンバッジなら「ichikawa-sk」へ

最新記事一覧

2017年08月03日
ピンバッジの人気の秘密を更新しました。
2017年08月03日
ピンバッジの楽しみとはを更新しました。
2017年08月03日
オリジナルのピンバッジの作り方を更新しました。
2017年08月03日
自宅で簡単にピンバッジを作ろうを更新しました。